南向きは人気がありますが、家の向きによってどのように住み心地が変化するのでしょうか。

住み心地は物件次第でまったく変わります!
住み心地は物件次第でまったく変わります!

家の向きによる住み心地

どのような賃貸物件に住みたいのかは人によっても違いがあるものですが、なかでも日当たりというのは重要なポイントになってきます。
一般的に日当たりが良いというと南向きという条件を挙げるかもしれませんが、南向きは家賃も高くなってしまいます。
また南向きだったとしても、目の前に背の高いビルなどがあった場合には日当たりが悪くなってしまうというケースもありますので、物件情報だけではなく実際にその物件を見学しに行くようにもしたいものです。
また南向き物件の場合、日当たりが良すぎるために夏場に暑くなりすぎてしまったり、家具やカーテンが日焼けしてしまうというデメリットもあります。
では東向きの賃貸物件の場合にはどのような特徴があるのでしょうか。
まずひとつとしていえるのが午前中の日当たりが良いという点になります。
人によっては仕事が朝はやいという場合もあり、そのような場合には生活リズムにあった良い部屋だといえるかもしれません。
しかし午後早くから日当たりが悪くなってしまいますので、午後家にいることが多いという方には向いていないかもしれません。
では西向きの部屋の場合にはどのような特徴があるのでしょうか。
東向きの物件とはまったく逆ということになるのですが、午後の日照時間が長いというのが特徴になっています。
しかし午前中はどうしても日当たりが悪くなってしまいますので、午後から動くことが多いというかたなどにはピッタリの条件だといえるかもしれません。
そして最後に挙げることができるのは北向きの賃貸物件になります。
基本的に北向きというものは人気がないので、同じマンションやアパートなどでも他の部屋より家賃が安く設定されていることが多いようです。
たしかに北向きというのは日当たりが悪いため、洗濯物が干しにくかったり、冬には暖房費がかさむというデメリットがあるわけですが、直射日光が部屋に入りづらいためカーテンや家具が傷みにくいというメリットがあるといえます。
ひとり暮らしなどで、家に居るのは夜間だけという場合にはあえて北向きの物件を探すと安い物件情報を見つけることができるかもしれません。
さらに人気がないものとしては、ゴミ置き場の近くの物件や、エレベーターの近くといったものもあります。
たしかにそのような物件は臭いや騒音などの問題があるのですが、逆にいうとゴミ捨てが便利であったり、エレベーターが近く便利であったりするので考え方によれば良い物件だといえるかもしれません。